初午ツアー参加の皆様へ

c0007888_1357269.jpg本日は三島の「初午ツアー」が開催されました。

初午って何?という方も多いと思いますので簡単に説明します。。

「初午(はつうま)って何?」
ーーーーーーーーーーーー
立春を過ぎて最初の午の日を、初午といいます。最近は二月に入って最初の午の日を
初午とする人もいて、初午行事が2回ある年があります。その日は、庭内の「お稲荷さん」に四色のノボリを奉納する慣わしがあり、近所の子ども達がノボリを納めてお菓子などを頂く風習がありました。
お稲荷さんには狐の置物がありますが、狐は門番で、お祀りしている神様は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)です。
ーーーーーーーーーーーー

私も三島に来てからこういう行事があることを知りました。日々勉強です。
そして今年は2月の12日に初午ツアーが開催されました。三島の初午ツアーは三島の商店街にあるおいなりさんをピックアップし、そこを約2時間ガイドの方と一緒にまわるツアーになります。私もふるさとガイドの会の一員であることから、午前中だけ受付をお手伝いしました。沢山の方が受付をされ、聞いてみると昨年は250名から300名近くのお客様がお越しになったとか。すごいですね。
丁度この時期に合わせて地口行灯という言葉遊びの行灯も展示してあるので歩く方も色々見ながらあっという間の2時間になってしまうのでしょうね。

丸平からは参加の皆様にチケットをプレゼントさせて頂きました。
こちらは2月末までお使い頂けますので、どうぞ2月中にお越し下さいね。
店内でご飲食の方は、その金額に関係なくおにぎりをお1つサービスさせて頂きます。
お持ち帰りご希望の方は申し訳ありません、900円以上お買い求めの方に限り
おにぎり1つサービスさせて頂きます。
皆様のご来店こころよりお待ちしておりますね!
[PR]
by cafe-maruhei | 2006-02-12 13:55 | お知らせ


<< 東海道三島宿地口行灯展in丸平 三島大根 たくあん漬け販売 >>